精神文化世界一 | 日本の世界一

日本軍のコタバル上陸から始まるマレーシア歴史教科書

現在使用されているマレーシアの中学校の国定の歴史教科書は、日本軍のコタバル上陸から始まっている。

この記事の続きを読む

日本軍の上陸50周年を祝うマレーシア

1991年12月、マレーシアのコタバルを首都とするケランタン州政府は、日本軍上陸50周年を記念して特別式典を開催。50年前の1941年12月、日本軍は真珠湾攻撃に先立ちマレーシアのコタバルに上陸、僅か60日でイギリス軍のアジア最大の要塞、シンガポールを攻略した。

この記事の続きを読む

17~18世紀のヨーロッパに多大な影響を与えた日本磁器

17世紀後半、ヨーロッパへ輸出された「伊万里」や「柿右衛門」などの日本の磁器は絶大な人気を博した。王侯貴族たちは邸宅に磁器を飾り、日本や中国の磁器を競って買い集めた。ドイツのザクセン選帝侯アウグスト2世は日本磁器に傾倒するあまり、「日本宮」という磁器の収集館を建設するほどだった。現在、世界で高く評価されるマイセンも、「東洋のような優れた磁器を作りたい」という熱意から生まれたものだった。

この記事の続きを読む

世界が驚嘆した識字率世界一の日本

日本の識字率は、数百年に亘って世界一を誇る。
江戸時代の幕末期においては、武士はほぼ100%読み書きができたという。
庶民層でも男子で49~54%は読み書きができた。
同時代のイギリスでは下層庶民の場合、ロンドンでも字が読める子供は10%に満たなかった。

この記事の続きを読む

作品全集が出版最多記録でギネス認定 石ノ森章太郎

2008年1月、角川書店出版の「石ノ森章太郎萬画大全集」が、「1人の著者が描いたコミック出版作品数の世界最多記録」でギネス認定された。全部で500冊770作品、総計12万8,000ページ。

この記事の続きを読む

世界に良い影響を与えている国 日本が3年連続第1位 英BBC調査

2008年4月1日、英BBC放送が行った国際世論調査の結果を発表し、「世界に良い影響を与えている国」として、日本とドイツがそれぞれ56%で第1位となった。日本は2006,2007年度の調査でも第1位で、3年連続の1位となった。

この記事の続きを読む

日本人が2年連続で世界最良の観光客 エクスペディア・ベストツーリスト2008

2008年6月、ネット旅行販売大手の米エクスペディアは、ホテルマネジャーの各国の観光客に対する評価「エクスペディア・ベストツーリスト2008」をまとめた。100点満点で各国の観光客を採点したところ、日本人が68点でトップになった。首位は2年連続。現地のエチケットを守るといった行儀の良さや礼儀正しさ、部屋をきれいに使い、苦情が少ないことなどが評価された。

この記事の続きを読む

世界一の水道

江戸時代、江戸の水道は規模世界一であった。水道の起源は、天正18(1590)年、徳川家康が江戸に入り、家臣大久保藤五郎に命じてつくらせた小石川上水(後の神田上水)であり、その後、江戸の発展により、玉川上水(1648)、青山上水、三田上水、亀有上水、千川上水など6つの上水がつくられた。

当時、江戸の人口は100万人を超えていた(世界一の人口)が、下町は上水が行き渡り、山の手は一部で利用され、江戸の人口の六割に水道が普及していた。

江戸6つの上水の総延長は150キロに及んだといわれ、給水人口、その規模は世界一であった。17世紀のロンドン、パリの人口は40から50万人程度であった。

この記事の続きを読む