世界に良い影響を与えている国 日本が3年連続第1位 英BBC調査 | 日本の世界一

日本の世界一 » 日本の世界一index » 2009年09月

2009年9月27日

世界に良い影響を与えている国 日本が3年連続第1位 英BBC調査

2008年4月1日、英BBC放送が行った国際世論調査の結果を発表し、「世界に良い影響を与えている国」として、日本とドイツがそれぞれ56%で第1位となった。日本は2006,2007年度の調査でも第1位で、3年連続の1位となった。

調査は07年10月から08年1月まで、世界34ヶ国の約1万7500人を対象に行われ、日本を含む13ヶ国(日本、ドイツ、フランス、イギリス、 中国、インド、ブラジル、ロシア、アメリカ、北朝鮮、イラン、イスラエル、パキスタン)と欧州連合(EU)について、「世界に良い影響、又は悪い影響を与 えているか」が質問された。

日本が「良い影響を与えている」と答えた人は全体の56%で、ドイツと並んで第1位。日本が「悪い影響を与えている」と答えた人は全体の21%で、ドイツの18%に次いで低く、EUと並んで下から2番目の値だった。

以下は、良い影響を与えている国として評価された国の順位である。

  1. 日本、ドイツ(56%が評価)
  2. 欧州連合(EU)(52%)
  3. フランス(50%)
  4. 英国(50%)
  5. 中国(47%)

国別の結果で、日本が「良い影響を与えている」と答えた割合が最も大きかった国はケニアの78%だった。以下イスラエル(75%)、インドネシア (74%)、米国、英国、フィリピン、オーストラリアがそれぞれ70%と、日本を高く評価している。「悪い影響を与えている」と答えた割合が多かった国は 中国(55%)と韓国(52%)の2ヶ国で、それ以外の32ヶ国全てで「良い影響」が「悪い影響」を上回った。

一部のマスコミで「日本軍が戦時中の占領地で残虐な行為を行なったため、日本はアジアおよび世界で孤立している」と主張されているが、これは誤りであることがわかる。

この調査結果からわかるように、実際の日本は世界からとても好感を持たれている。日本に否定的な評価をしたのは中国と韓国のわずか2ヶ国だけで、「日本がアジアで孤立している」とは言えない。

アジアの中でも、インドネシア(74%)、フィリピン(70%)が日本を高く評価したことは注目すべきだろう。いずれも大東亜戦争時に日本が進駐した国々だが、中国や韓国と違って好意的に日本を評価している。

インドネシア人が親日的なのは、17世紀からインドネシアを植民地として支配していたオランダ人を日本が撃退し、インドネシアの独立に貢献したことが影響しているためだ。

一方「悪い影響を与えている」国はイラン(54%)、イスラエル(52%)、パキスタン(50%)、米国(48%)、北朝鮮(44%)、ロシア(34%)、中国(32%)の順だった。

前回及び前々回の同じ世論調査の結果は以下の通り。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

<2007年>

調査期間及び対象:2006年11月~07年1月、世界の27ヶ国の2万8000人
対象国:12ヶ国(日本、カナダ、フランス、イギリス、中国、インド、ベネズエラ、ロシア、アメリカ、北朝鮮、イラン、イスラエル)とEU(欧州連合)

「好影響を与えている国」として評価された国の順位

  1. 日本、カナダ(54%が評価)
  2. EU(欧州連合)(53%)
  3. フランス(50%)
  4. イギリス(45%)
  5. 中国(42%)

日本を最も「好影響を与えている国」と評価した国はインドネシアの84%。以下カナダとケニア(74%)、フィリピン(70%)、チリ(69%)、アメリカ(66%)、ナイジェリア(65%)、イギリス(63%)などが日本を高く評価。日本に否定的な評価をしたのは27ヶ国中、中国と韓国の2ヶ国だけ。

「世界に悪影響を与えている国」と評価されたのが、順番にイスラエル(56%)、イラン(54%)、アメリカ(51%)、北朝鮮(48%)、ロシア(40%)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

<2006年>

調査期間及び対象:2005年10月~2006年1月、世界33ヶ国約4万人
対象国:8カ国(日本、フランス、イギリス、中国、インド、ロシア、アメリカ、イラン)と欧州

日本が「良い影響を与えている」と答えた人は55%で国別では第1位(欧州が58%で、それに次ぐ第2位)。33ヶ国のうち中国、韓国を除く31ヶ国で「良い影響」が「悪い影響」を上回った。うち20ヶ国で肯定が過半数を占めた。

日本が世界に好影響を与えていると回答した国で、最高評価をしたのはインドネシア(85%)、次いでフィリピン(79%)。他にもスリランカ(好50%、悪4%)、インド(好48%、悪13%)等、アジア諸国の日本評価は高い。

否定派が多かった国は中国(好16%、悪71%)と韓国(好44%、悪55%)だけ。

世界から最も悪影響を与えていると思われている国はイラン、2位はアメリカだった。

参考資料

  • 「インドネシアの人々が証言する日本軍政の真実」(桜の花出版)
  • BBCワールドサービス