日本の世界一

ヤマメにニジマスを産ませることに成功 東京海洋大学

2007年9月、東京海洋大学の吉崎悟朗准教授らの研究グループは、ヤマメにニジマスの精子と卵を作らせて、ニジマスを産ませることに成功した。親と異なる種類の子供を産ませることに成功したのは、他の動物も含めて世界で初めて。

この記事の続きを読む

世界最大の光学望遠鏡 国立天文台の望遠鏡「すばる」

1998年、ハワイ島マウナケア山頂(標高4,206m)に完成した国立天文台の大型光学赤外線望遠鏡「すばる」。1999年1月、ファーストライト。

この記事の続きを読む

鳥インフルエンザ感染が15分で判定出来る検査キット

2008年5月、国立国際医療センターと診断薬メーカーのミズホメディーは、病原性の高い「H5N1型」の鳥インフルエンザに人が感染したかどうかが15分で判定出来る検査キットを、世界で初めて開発した。

この記事の続きを読む

合成繊維ビニロンの発明 桜田一郎 矢沢将英

1939年、京都帝大の桜田 一郎と鐘紡の矢沢 将英は、合成繊維ビニロンを発明した。戦後、木綿の代用品として重宝され、現在は産業用資材に欠かせない存在。

この記事の続きを読む

作品全集が出版最多記録でギネス認定 石ノ森章太郎

2008年1月、角川書店出版の「石ノ森章太郎萬画大全集」が、「1人の著者が描いたコミック出版作品数の世界最多記録」でギネス認定された。全部で500冊770作品、総計12万8,000ページ。

この記事の続きを読む

腰部椎間板ヘルニア遺伝子の一つを発見 理化学研究所の研究チーム

2005年5月、理化学研究所の研究チームは、腰部椎間板ヘルニアの原因となる遺伝子の一つを世界で初めて発見。椎間板ヘルニアの病態を、遺伝子レベルたんぱくレベルで解明したもので、今後の新治療開発に繋がる画期的な研究である。 椎間板ヘルニアは多くの人が経験する腰痛の原因の一つでもあり、足のしびれや麻痺などの感覚障害、座骨神経痛などの症状を伴い、社会生活への影響は計り知れないが原因は明らかではなかった。

この記事の続きを読む

世界初、電子顕微鏡で固体と気体の化学反応の観察に成功

2008年6月、北海道大学工学研究科の大貫惣明と広島大学先進機能物質研究センターの小島由継の共同研究グループは、電子顕微鏡を用いて固体の水素化合物と気体の化学反応を、ナノメートルレベル(1nm=10億分の1m)でその場観察することに世界で初めて成功した。自動車用燃料電池の水素貯蔵材料の開発には、水素化物の反応機構の解明が不可欠であり、世界中の研究者たちが水素化物と気体の化学反応過程のナノレベルでの観察を望んでいたが、これまで実現していなかった。

この記事の続きを読む

6種類のクオークを予言 小林誠 益川敏英

1964年、クローニン、フィッチらによって、中性K中間子の崩壊過程で「CP対称性の破れ」(*1)現象が見つかった。当時の弱い相互作用における素粒子理論では、「CP対称性の破れ」は起こらないということが知られていたので、この現象は大問題となった。
1973年、京都大学助手であった益川、小林はこの問題に対する解答を用意した。それは、電磁相互作用及び弱い相互作用統一理論(電弱統一理論)に基づく6クオークモデル(*2)の提唱である。(小林・益川理論)
この成果が認められ、2008年、小林・益川両氏は、ノーベル物理学賞を受賞した。

この記事の続きを読む

世界初、醸造酒の原料をDNAで特定 食品総合研究所

2007年8月、独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構食品総合研究所は、日本酒を分析して、原料の米の品種を判別する技術を世界で初めて開発した。ワインの原料であるブドウの品種判別も出来るということで、これまで出来なかった醸造酒の原料の偽装を確認する方法として期待される。

この記事の続きを読む

「下町の外国人もてなしカリスマ」澤の屋旅館 澤功

澤の屋旅館」主人、澤功。彼が家族で経営するその日本旅館は、東京の下町、谷中にある。これまでに100カ国から、のべ13万人を超える外国人客を受け入れた。宿泊客の9割は外国人であり、外国人旅行者の間ではよく知られた旅館である。利用しやすい低廉な料金も魅力だが、澤の屋が旅行者を惹きつけるのはそれだけではない。

この記事の続きを読む