スポーツ世界一 | 日本の世界一

史上最強の大関 雷電為右衛門

雷電為右衛門は、江戸時代の力士。最高位は大関だが、生涯成績254勝10敗、勝率9割6分2厘、連続優勝7回という驚異的な戦績を残した。それだけの実力がありながら、何故横綱になれなかったのかは、現在も謎のままである。あまりに強すぎたため「張り手」「鉄砲」「閂(かんぬき)」を禁じ手とされたという逸話は有名である。

この記事の続きを読む